取得・事前の確認

取得活動開始

認証取得後

ISO9001カイゼンのコツ

帳票・マニュアル
サンプル ダウンロード

サービス

about us

初心者のためのISO講座

ISO取得で満足する会社・後悔する会社

ISOは、経営のツール、道具であると言えます。

例えれば、料理人の包丁のようなものです。とても有効に使えば見事な料理(最高の経営状態)を作ることができますが、うまく使えないと、粗雑な料理(経営状態を悪化させる)を作ることになってしまいます。
ISO取得で後悔する会社、大満足する会社は下記のようなことをおっしゃっております。
是非、これからISO取得をされる方は、下記の満足する会社のようになっていただきたいものです。

<ISO取得で満足する会社>

笑い 経営者がISOに対して積極的に取り組んでいる
笑い マニュアルと実情が合っている
笑い マニュアルやルールがどんどん改善されている
笑い 社員が納得した上で運用がなされている
笑い 目標管理や教育体制が根付いている
笑い 役割分担がはっきりとされ、それぞれの仕事の責任・権限が理解されている
笑い 定期的な意味のあるミーティングがなされている
笑い ISOを有効に活用することで、確実に業績が好調となった。


<ISO取得で後悔する会社>

泣き顔 マニュアルと実情が合っていない。
泣き顔 マニュアルの分量が多すぎる。
泣き顔 マニュアルの負担が重過ぎる。
泣き顔 ISOの理解をほとんど担当者ができていない。
泣き顔 経営者がISOの重要性を理解していない(担当者に任せっきり)。
泣き顔 社内全体がISOは意味が無い、負担にしかないと思っている。