取得・事前の確認

取得活動開始

認証取得後

ISO9001カイゼンのコツ

帳票・マニュアル
サンプル ダウンロード

サービス

about us

初心者のためのISO講座

コンサルティング会社に依頼するのか、自社で取得をするのか?

外部のコンサルタントに頼るか、コンサルタントに頼らないで自社のみで取得をするか、悩んでいる方は下記をご参考にしてください。

[コンサルタントに依頼する場合]

<メリット笑い顔

  • 認証取得を確実におこなうことができる。
  • スケジュールどおりに進めることができる。
  • 効率的にルールやマニュアルを定めることができる。
  • 経営に有効な仕組みを作ってもらえる。
  • 疑問や質問などにすぐに対応をしてもらえる。
  • 社内だけでは言いにくい指導を外部のコンサルタントがアドバイスをされるので、社員が指示を忠実に守っていただけやすい。


<デメリット泣き顔

  • コンサルタント費用がかかる。
  • コンサルタントに依存してしまいがち。


[コンサルタントに依頼しないで自社のみで取得(自社取得)する場合]

<メリット笑い顔

  • コンサルタント費用がかからない。
  • 自分たちのペースでじっくりと取り組むことができる


<デメリット泣き顔

  • 非効率になる。(時間が多くかかる)
  • 経営にプラスとなるような仕組みを作ることができにくい。
  • 疑問や質問を抱えたまま、認証取得を受けることになる。
  • 認証取得を確実にできない可能性がある。
  • 定めたルールやマニュアルの実施運用について、社内のものだけが指示をすることになり、説得力に欠ける場合がある。

私の経験から言えることは、“ISO取得は単なる取得だけでなく、会社が続く限り永遠に続くもの。”であるという視野で考えると、初期コストはかかったとしても、外部のコンサルタントに依頼をしたほうが良いでしょう。
効率的にISO認証取得をすることができますし、社内に根付くための仕組みを作るには、外部のコンサルタントに頼ったほうが良いと思います。
改善できる仕組みができあがれば、外部コンサルタント(ISOコンサルティング会社)に投資した金額は回収できるものです。

top


ただ、どうしても資金的に余裕が無いのであれば、自社取得でもISO認証取得はできますので、ご安心ください