取得・事前の確認

取得活動開始

認証取得後

ISO9001カイゼンのコツ

帳票・マニュアル
サンプル ダウンロード

サービス

about us

初心者のためのISO講座

ISO9001コンサルティングの実際

ISO9001コンサルティングの実際の内容を少し下記に紹介をいたします。
実際このようにコンサルティングは進められているという例として、会話形式で記載いたしましたので、より具体的にコンサルタント(コンサルティング)をご理解いただけることと思います。


<ISO9001コンサルティングの実際>

コンサル
タント
本日は宜しくお願いいたします。
社員 宜しくお願いいたします。
コンサル
タント
本日は、ISO9001で要求されている教育の箇所について講義を行ないたいと思います。ISO9001の要求事項の6.2.2で教育・訓練の要求が求められております。
ここでは製品やサービスの品質に影響を及ぼす仕事に携わっている方々に必要な能力を明確にしなさいと要求されております。
社員 製品やサービスの品質に影響を及ぼす仕事に携わっている方々というのは?
コンサル
タント
どの社員さんも製品やサービスには何らかの影響を与えておりますから、御社の場合は全社員の皆様が対象となります。
社員 必要な能力と言うのは?例を教えていただけますか?
コンサル
タント
例えば、資格が必要なお仕事についておられる方は、その資格。また、販売業務であれば“商品知識、交渉力、ビジネスマナー、提案力、企画力”などになります。また、最近では、パソコンやインターネット、電子メールなども必要な能力かもしれませんね。御社ではITの技術は不可欠だと思いますし。
それらの必要な能力について、各自がどれぐらいの能力が現時点であるかどうかを確認した上で、もし、現時点で能力が満たされていない項目については・・・。
社員 教育の対象になる!
コンサル
タント

その通りです!今不足している能力を教育することで補うようにしてください。もちろん、今、定期的に行なっている教育があれば、それでも良いです。ただ、せっかくISO取得をするんですから、新たな教育を行なっていただいた方が良いでしょう。

教育については、できれば計画的に行なったほうが良いので。決めた教育については、年間計画書のようなものに記載しましょう。
また、教育は外部の講師に任せるのか、社内で行なうのかも決める必要があります。

社員 できるかなぁ?教育なんて過去に行なったことないし。
コンサル
タント
はは。大丈夫ですよ。多くの中小企業が計画的な定まった教育をしたことがありませんから。何でも経験ですよ。
社員 わかりました。ちょっと考えてみます。
コンサル
タント
マナーのような教育も良いですね。マナーは基本中の基本ですから。さて、そろそろお時間です。次回までにどのような教育を行なうのか?決めてきてください。また、可能であれば、教育の時期も決めてください。
それでは、本日はありがとうございました。
社員 ありがとうございました!


どうでしたか?
コンサルタントによってやり方は全く違うと思いますが、私がコンサルティングを行なう場合は、だいたい上記のように、なるべくわかりやすく、かつ、面白く話し合いができるような指導を行なってまいりました。

ISOというとすごく難しい感じがしますが、

  • 品質方針
  • 計画の仕組み
  • 教育の仕組み
  • 検査の仕組み
  • チェックの仕組み
  • 記録をとる仕組み

などを“今以上によりよい品質やサービスを提供するために作っていけば良いだけです。

top

ISO取得活動は肩肘張らないで自然体で取り組んでいただきたいものです。