取得・事前の確認

取得活動開始

認証取得後

ISO9001カイゼンのコツ

帳票・マニュアル
サンプル ダウンロード

サービス

about us

初心者のためのISO講座

ISO9001は認証取得後がはじまり

“ISO9001は認証取得後がはじまりである。”といえます

ISOの始まり

ISO9001は認証取得後においても、品質マニュアルなどに定めたルールをもとに実施運用をし、毎年のように外部の審査機関から審査を受けなければなりません。永久的に審査を受ける必要がありますので、“ISO9001は取得後が始まり。”だと言えるのです。

長期にわたってISO9001の仕組みを維持するためには、日頃の取組みが重要となります。
はじめてISO9001取得をする会社の多くが取得に重きをおいて、人もお金も投資を行っております。取得した後では、残念ながら、“ISO9001は取得したら終わり。”と思っているようです。
“取得したら終わり。”という考えで、本当に良いのでしょうか?

ISO9001を認証取得後、
定めたルールやマニュアル通りに運用を行わなかったり、
一部の担当者にまかせっきりになったり、
審査直前まで何もしなかったり、
結果的に、“ISO9001取得が会社にとって重荷になっている。もしくは、意味の無いものになっている。”
それで良いのでしょうか?

それでは、とてももったいないです。

ISO9001は顧客満足向上の仕組み、有効に使えば、会社の利益に大きく貢献できるものです。実際に、「ISO9001取得のお陰で大幅に利益が向上した!」という会社は数多く存在しております。
永久的につづくシステムですから、認証取得後に改善を加えながら、皆様も“ISO9001で利益につながる仕組み”を作っていただきたいと思います。
“ISO9001で利益につながる仕組みができていない。ISO9001が経営に有効に機能するなんてとんでもない。”
と思っている方々でも、ルールやマニュアルの変更を加えながら、改善をしていけば、必ず“ISO9001を取得してよかった。”と言われる仕組みを作ることができます。

是非、チャレンジしていただきたいものです。